精神病やしんどい状況から回復してほしい

精神病やしんどい状況から回復してほしい

精神病はしんどいですね。私もしんどい思いをしてきました。そのため、今、精神病やしんどい状況の方におかれましては、できれば早く回復してほしいと願っています。

トップページ

精神病はしんどいですね。

 

加害者はほとんど罰せられず、責任もほぼ感じず、ただただ被害者が、精神を数年間殺される。

 

というのがうつ病に代表される精神病の現状だと思います。

 

そのため、今、精神病やしんどい状況の方におかれましては、できれば早く回復してほしいと願っています。

 

そういう気持ちを込めて、こういう”精神病から回復して欲しいサイト”を作ろうかなとたまに思っていたのですが、やはりうつ病だった当時を少しも思い出したくなくて、約15年経過してやっと作る気になりました。

 

未だに当時のことは思い出したくないですが(五反田駅のホームで落ちたくないなとか。)、やはり精神病で今なおしんどい方のために少しでも明るい光になればと思い、サイトを作ることにしました。

 

私のうつ病履歴

私(高村といいます)は過去、派遣のシステムエンジニアの時に2回、重いうつ病になり、1度目の2008年の時は1年間寝たきり、2度目の2014年の時は、最初は寝たきりになり、結局2年間、正常な思考ができませんでした。

 

1度目の時については、当時の相手を今でも○○○たいくらい、憤りを感じていて、詳細を書きたいのですが、恨みの炎は自分も焼かれる場合が有るので、書きません。
この恨みの炎を思い出して嫌な気分になってしまうという点が、このサイト制作を躊躇していた要因です。

 

この過去2回とも布団から起き上がれず、外出も全くできませんでした。
「顔に風が当たるのが怖い。車が怖い。」という思考になりました。

 

精神が100%折れた後、脳の最終防衛機構/防衛本能が働いて、外界に対しての怖さを持つことで、安全な家の布団にこもるという方法を自動的かつ強制的に取らせたのだと思います。

 

これ以外にもつらいことがたくさん有りましたが、ざっと言うとこれが私の鬱の履歴です。
※それはそうと、鬱っていう漢字、なんでこんなに難しいんでしょうね。

 

今後の進め方

・今、うつ病の人が何に困っているか調べるかな。俺の経験と想像だけやと最初から方向性がずれるかもやし。(全く望まれてないサイトになる恐れがある)
・掲示板を付ける?まぁ最初はリンクのみにしようかな。
・治った人で、親身になってくれる人を探す?まずは俺のみで良い?
・感謝を何度もされると成長できるし嬉しいんやけど、気づかないうちに足元を見失う恐れもある。感謝され慣れると有り難みが薄れるという点にも留意。
・過去の日記や資料などを見る。
・保険かつ田舎で静養案。
・保険の具体的内容。
・まず自分のできる範囲で。
・最優先にしても、進まないかも。かなり難問の様子。他もやりながら、連結させていく、など。